あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

石垣島からプレゼント、手にやさしい焼き物です

f:id:abeyumiko:20191224014654j:plain

焼き物祭りの抽選に当たりました

 憲法9条の碑があるすぐそばの集会所で焼き物祭りが開かれていました。アンケートを書いて出したところ、福島に帰宅して、間もなくほしいところに〇をつけてきた焼き物が届きました。深い濃紺のコップです。

久保町内会に夫婦で招待、ご近所の皆さんと楽しいひと時を過ごしました

 かって、子どもたちのソフトボール大会など、張り切って参加していた町内会も子どもたちが家を離れて、夫婦のみの家も多くなり、高齢化社会になりました。敬老会参加者も増えました。元気が何よりです。<11月17日>f:id:abeyumiko:20191224010018j:plain

 

大橋さおり新県議、堂々の初質問

 12月18日(水)大橋さおり新県議が福島県議会一般質問で初登壇。伊達市伊達郡の皆さんや福島からも約70人が傍聴に駆けつけ、初質問を見守りました。登壇して、まず、水を飲み、傍聴の皆さんからは、それが大したものだと評判になりました。もちろん、中身です。台風19号の被害の実態を踏まえ、避難所の改善、塩野川の河川整備や宅地被害や農地被害の対応について、具体的に対応を求める質問で、議場でのヤジも出ず、時間いっぱいを使った質問でした。避難所の食事についても朝はパン2個、昼はおにぎり2個、夜は弁当という現場の実態から、温かい汁ものなどを提供するよう改善を求め、知事の答弁を求めました。内堀知事は「温かいみそ汁を提供するなど良好な環境への配慮を感じている」と答弁しました。大橋さおり県議は再質問で「知事がおっしゃっているのはインスタントみそ汁のことですよね」と返し、災害救助法では一定の条件はあるものの、炊き出しをするための予算はもちろん、その際のスタッフや調理室の確保まで認められていることを示しながら、県として避難者の立場に立って役割を果たすことを求めました。翌日の「毎日新聞」では大橋県議の初質問について、写真も入れて紹介しました。

県議会選挙が終わったら、孫たちに会いに沖縄へ

 11月29日(金)羽田空港から沖縄に向かう飛行機に乗り、空の上にいました。県議会選挙が終わったら、気になっていた孫に会いに行こうと思っていました。私の席の斜め向かいにジャーナリストの伊藤千尋さんが乗っていて、音楽を聴きながら、パソコンで文章を書いていました。富士国際旅行社が創立55周年記念イベントを那覇市琉球新報ホールで行うので、ついでに参加できるようにそれに合わせて沖縄行きを決めました。

 第一部は軍隊を捨てた国、コスタリカのロベルト・サモラ弁護士の講演会です。

 世界で軍隊を持たない憲法を持っている国は日本とコスタリカです。2004年8月、「反核医師・医学者の会コスタリカツアー」に夫婦で同行する機会がありました。

 そのコスタリカアメリカのイラク戦争を支持した時に、「憲法に違反する」と当時大学3年生であったサモラさんが大統領を憲法違反と訴える「憲法訴訟」を起こし、勝訴しました。コスタリカイラク戦争支持を撤回しました。サモラさんはその時の思いなどを語り、最後に、国と国が敵をつくらず、仲良くしていくことが平和を築く道だと語りました。すごく「まとも」だと感じました。今の日本の政治は首相自らが平気でうそをつくなどがあまりにもまともでないことと比べると、安倍政権を変えなければならないとの思いが一層強くなります。

 第二部は私が大フアンのニュースペーパーの中心だった松本ヒロさんのお笑いライブ、笑いと涙の一人芝居、最後の「憲法9条」で締めくくり、最高の舞台でした。

 特別ゲストの伊藤千尋さん、映画「ザ・おもいやり」のリラン・バクレー監督の話など平和を考えるツアー参加でした。