あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

これまでご苦労様のシクラメンが届きました。

多くの皆さんからご支援をいただき県議を務めさせていただきました。これまでのお力添えに心から御礼を申し上げます。若い大橋さおりさんへしっかりつないでいきたいと思います。

資本主義社会の格差解消手品と千円札を1万円札に変える手品を披露ーボネール新年会

1月23日(木)障がい者の通所施設「ボネール」の新年会に出席して、私は「資本主義社会の格差解消手品」「千円札を1万円に変える手品」を披露しました。ネットで一夜漬けで覚えた手品、成功でした。ボネールのメンバーさんはそれぞれ「書初め」への思いを語…

地元の高校が無くなるー結局、教育に金をかけない行政では?

1月28日(火)梁川高等学校で第2回県立高等学校改革懇談会が開かれました。県教委からの説明は生徒数が減少してきているので統廃合を進めざるを得ないとして、1.梁川・保原統合校の方向性について 2.第1回懇談会でいただいたご意見について3.今後の再…

ブログ再開します。新たなスタート

ブログを休んでいましたが、再開します。新たな思いで書き始めます。実は新年早々、夫から風邪をもらって、鼻水ぐしゅぐしゅ、のどがイライラ、体調がよくなかったときに、スーパーで購入したちらしずしを食べたのがあたったのか、下痢と嘔吐で大変なことに…

日本軍性奴隷制度被害女性問題に日本軍が関与していたことを隠せぬ証拠あり

12月26日(木)午後は「女性と人権博物館」を見学。

慰安婦問題とは何かーナヌムの家訪問、ハルモニが語る

「慰安婦問題」慰安婦という言葉は日本軍から見てる言葉であって、より正確には「日本軍性奴隷制度被害女性」という説明にはなるほどそうだとうなずけました。 92歳になるハルモニが自分の体験を語ってくれました。 被害に会い、勇気をもって名乗り出た女性…

外国で学ぶ、日本の役割、自分の役割ー「埼教祖・埼退教企画の韓国平和ツアー」に参加して

日韓関係が良くない状況にあり、日本ではマスコミはじめ韓国バッシングが強くなっている。この時だからこそ、現場を見ようと今年の旅は韓国に決めました。 韓国の歴史、日本の植民地支配、加害の歴史を学び、北と南に分断された民族の悲劇について、見たり、…

外国で学ぶ、日本の役割、自分の役割ー「埼教祖・埼退教企画の韓国平和ツアー」に参加して

日韓関係が良くない状況にあり、日本ではマスコミはじめ韓国バッシングが強くなっている。この時だからこそ、現場を見ようと今年の旅は韓国に決めました。 韓国の歴史、日本の植民地支配、加害の歴史を学び、北と南に分断された民族の悲劇について、見たり、…

福島県市民アクション講演会

12月20日日本平和委員会常任理事の川田忠明さんが「改憲発議を許さず9条を生かすー2020年を「決着をつける年に」ーと題して講演を行いました。

自らの戦争体験を語る人々、平和の原点

12月8日、日本軍が真珠湾攻撃を行った開戦の日に、戦争を繰り返さない決意を込めて、赤紙(召集令状)配布を毎年行っていますが、今年も保原町のCOOP前で行いました。署名をしながら「私の父は私が母のおなかにいるときに出征して、戦死したから、私は父の顔…

石垣島からプレゼント、手にやさしい焼き物です

焼き物祭りの抽選に当たりました 憲法9条の碑があるすぐそばの集会所で焼き物祭りが開かれていました。アンケートを書いて出したところ、福島に帰宅して、間もなくほしいところに〇をつけてきた焼き物が届きました。深い濃紺のコップです。

今まで見たことがない時がゆっくり流れる独特の島でした。赤土のレンガの屋根、砂浜や海の色が飛び込んできました

石垣島の憲法9条の碑

碑の後ろには平和のハトが描かれていました。

学ぶことがいっぱいの沖縄

11月28日から沖縄へ行き、孫たちにも会ってきました。 不屈館館長さんと

久保町内会に夫婦で招待、ご近所の皆さんと楽しいひと時を過ごしました

かって、子どもたちのソフトボール大会など、張り切って参加していた町内会も子どもたちが家を離れて、夫婦のみの家も多くなり、高齢化社会になりました。敬老会参加者も増えました。元気が何よりです。<11月17日>

大橋さおり新県議、堂々の初質問

12月18日(水)大橋さおり新県議が福島県議会一般質問で初登壇。伊達市伊達郡の皆さんや福島からも約70人が傍聴に駆けつけ、初質問を見守りました。登壇して、まず、水を飲み、傍聴の皆さんからは、それが大したものだと評判になりました。もちろん、中身で…

県議会選挙が終わったら、孫たちに会いに沖縄へ

11月29日(金)羽田空港から沖縄に向かう飛行機に乗り、空の上にいました。県議会選挙が終わったら、気になっていた孫に会いに行こうと思っていました。私の席の斜め向かいにジャーナリストの伊藤千尋さんが乗っていて、音楽を聴きながら、パソコンで文章を…

本宮市・郡山市の台風被害調査、避難所・避難者支援の改善等課題山積

11月18日(月)福島県議団が台風19号に被害の状況を団としても共有して把握しようと本宮市、郡山市の現状を調査しました。避難所で避難している方の話や被害を受けた方々の話を伺い、改善点が見えてきました。 避難所で避難されている方たちの話を伺いました…

大橋さおり新県議へバトンタッチ、これまでご支援いただいた皆様に心から御礼を申し上げます。

1995年の初当選以来、4期16年、定数削減で2期8年空白がありましたが、多くの皆さんの支えで県議としての任期を務めることができました。心から御礼を申し上げます。 私の場合は日本共産党の県委員会で女性部長として勤務していた38歳の時に村田参議院議員の…

福島県議会議員選挙、日本共産党5人当選で交渉会派確保、川俣町町議会選挙は石河ルイさん当選、遠藤宗弘さん惜敗ーいのち、暮らし守る政治実現に新たな決意

11月10日(日)投票で行われた福島県議会選挙で、日本共産党は5人の交渉会派を確保しました。伊達市・伊達郡区大橋さおりさんは無競争当選、福島市(定数8)の宮本しづえさんは得票11,167票、2位当選、郡山市(定数10)の神山悦子さんは得票…

梁川高校を存続してほしいー創立百周年記念

11月2日(土)県立梁川高校の百周年記念式典が行われました。 梁川城跡、南二の丸跡にある梁川高校は1919年(大正8年)梁川町立実家高等学校として創立されました。

川俣町町議会選挙が告示されました。遠藤宗弘、石河ルイ候補の当選で災害に強い町づくりを

11月5日(火)告示、10日(日)投票の川俣町町議会選挙が始まりました。定数12に15人の立候補の大激戦です。日本共産党はこれまで11期41年、町政のかなめとなって奮闘してきた遠藤宗弘候補とこれまで9期36年奮闘してきた石河清さんが病気の…

川俣町小神地区の台風19号によるため池被害を調査

11月4日(月)川俣町小神のため池被害の実態を調査しました。これを踏まえ、農家14戸、約4ヘクタールの作付けができるように、ずたずたに壊れた側溝とため池までの道路の復興など町へ申し入れを行いました。

伊達市・伊達郡から28歳の女性県議が誕生、無競争当村を決める

10月31日(木)告示で行われた福島県議会選挙で定数3の伊達市・伊達郡区で日本共産党の大橋さおり候補が無競争当選を決めました。私阿部裕美子から大橋さおりさんへのバトンタッチが成功しました。伊達市・伊達郡でも台風19号の被害が甚大で、選挙ど…

台風19号被害について、県北地方振興局へ伊達市・伊達郡の第2次要望、

梁川町白根地区、 梁川町白根地区集会所

11月10日投票、大橋さおり県議、川俣町遠藤宗弘、石河ルイ町議誕生へ大きなご支援を!

10月31日(木)告示、11月10日(日)投票の県議会選挙に立候補する大橋さおり予定候補、同日投票の川俣町議会議員選挙に立候補する遠藤宗弘、石河ルイ予定候補の勝利で命と暮らしを守り、希望ある政治を開こうではありませんか。 今度の選挙は台風1…

台風19号、浸水被害の泥だし、ゴミ出しにボランティアが活躍

台風19号の床上浸水の被害を受けた家屋のかたづけは本当に大変です。濡れた畳や家具などは粗大ごみです。「電気釜や冷蔵庫、洗濯機など電化製品は全部だめになってしまった」と肩を落とす方、作業の機械は洗えば使えるものもあるかもしれないと水洗いをして…

今期最後の県議会閉会、ご苦労様

10月3日

台風19号被害に関する要望、県知事への申し入れ、

10月15日(火)

台風19号、伊達市・伊達郡内でもかってない被害、県へ被災者支援など緊急要望

台風19号は、福島県内でも広範な地域に被害をもたらしました。13日(日)14日(月)早朝から伊達市伊達郡の議員団の皆さんは、被害状況の把握と被災者の皆さんへのお見舞いで地域内を駆け巡りました。私も大橋さおり県政対策委員長も同行しました。15日(火…