あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

まるでセイタカアワダチソウを栽培しているよう

この間、みんなで新しい県政をつくる会宣伝カーで街宣に取り組みましたが、宣伝カーの窓から見える耕作放棄地にセイダカアワダチ草の黄色の花の色が目に飛び込んできました。あちらこちらに花盛り、まるで栽培しているみたいに見えるほど繁茂しています。思…

公職選挙法違反で県知事選挙の告示日から音出し宣伝ができません―スタンデング宣伝をしました。

10月17日(水)今日は福島市議会議員の皆さんの応援を得て伊達支所前でスタンデング宣伝を行いました。選挙の告示になると候補者カーと候補者が所属する政党の政党カー以外はマイクを持っての音出し宣伝ができなくなることをほとんどの方は知らないのではな…

大橋さおりさん事務所開き

10月10日(水)福島県議会補欠選挙大橋さおり候補の事務所開きを行いました。 翌日から県知事選挙が始まります。県議会補欠選挙は19日が告示です。 原発事故から8年目を迎えた福島県、いまだに4万人を超える福島県民が避難生活を強いられ、農林水産業も商工…

人口減少対策や過疎地域対策の面から何とか道路整備ができないものでしょうか。

10月10日(水)丸森・霊山線全面改良事業促進期成同盟会総会が丸森町役場で開かれました。笹峠は通行不能であり、事業促進は長年の要望ですが、ほとんど前進が見られません。福島県側、宮城県側両県の取り組み状況について報告があり、質疑応答では宮城県丸…

太鼓の音が懐かしく、リズムにノリノリの秋の神明様お祭りに大橋さおりさんとあいさつ回り

10月13日(土)、14日(日)保原町神明様の秋祭りです。各町内会から祭の山車が出て、夕方からは太鼓の競演が行われました。 大橋さおりさんと各町内会の詰め所をめぐり挨拶と懇談をしました。[さおりさんと同じ月舘出身だよ。さおりさんは月舘のどこだい?…

伊達市・伊達郡から安倍政権退場の審判を!憲法改憲許すな、原発ゼロを、消費税10%増税反対・暮らし守れの声を町田かずし県知事候補へ

復興と県政の在り方が問われる福島県知事選挙が告示されました。(10月11日)みんなで新しい県政をつくる会の町田かずし県知事候補は告示日の第一声で「東京電力にも国にもハッキリものが言える県政にすることや福祉、教育優先で県民生活を守る県政にするこ…

井戸掘削費用の3分の2を県と市町村が負担する支援事業、水が出た人も出ない人も適用に道開く

異常気象の渇水に農家の皆さんは困り果てていましたが、支援策として県と市町村、農家が3分の1づつの負担で井戸の掘削を支援する事業が行われましたが、桑折町では井戸掘削に取り組んで、水が出なかったところにはこの事業が適用されないといわれて困ってい…

国と東電にハッキリものを言う県政に!みんなで新しい県政をつくる会町田かずし候補第一声

10月18日(木)福島県知事選挙が始まりました。みんなで新しい県政をつくる会、町田かずし候補の第一声は福島駅前東口で行われました。あいにくの雨のなか、岩渕友参議院議員の応援を受け、各構成団体の決意表明が行われ、若さ溢れる41歳の町田候補が力づよ…

県知事選挙・県議会補欠選挙で勝利し、暮らしも平和も壊す安倍暴走政治に審判を示しましょう

10月28日(日)投票で行われる県知事選挙・県議会補欠選挙を目前に、保原体育館で日本共産党演説会が開かれ、会場は立ち見も出て、盛り上がりました。 県知事候補の町田和史さん、県議会補欠選挙候補の大橋さおりさん、来年の参議院選挙の福島選挙区候補…

保育園児も”火の用心、パチパチ”ー伊達市消防団秋季検閲

10月7日(日)快晴になりました。ほばら大泉グランドで平成30年伊達市消防団秋季検閲が行われました。消防団員の皆さんのきびきびとした消火活動の姿など頼もしく拝見しました。団員が少なくなっていることはどこでも共通する課題になっています。行進…

今年も華やかに保原町「芸能発表会」

10月7日(日)第56回保原町文化祭がリニュアールした保原体育館で開かれました。文化はその社会の豊かさを測るバロメーターといわれます。歌や踊りなど、日頃の練習の成果が花開いた舞台。平和な社会であってこそです。

県知事選挙、みんなで新しい県政をつくる会から町田和史氏(日本共産党福島県委員長)が立候補表明

県議会最終日、討論で登壇、地球温暖化対策に逆行する石炭火発増設のための税金投入は問題

10月3日(水)9月県議会最終日、討論に立ちました。 ◆IGCCの運転開始などで石炭の増加が見込まれ、荷役機械の整備が必要で民間事業者を活用し、県が公共ふ頭の機能維持と運営に必要な施設の譲渡を受けるための費用として、130億円の債務負担行為を行うも…

県議会総括審査会、宮本県議、避難住民主体の復興を

10月2日(火)総括質問に宮本しづえ県議が立ち、知事が4年間の県政を振り帰った県議会冒頭の演説で、被災者、避難者の苦しみに一切触れなかったことを批判。避難者が置かれた実情について知事の認識を正しました。南相馬や飯館、川俣、川内、葛尾は来年3…

東京電力に抗議の申し入れートリチウム汚染水処理の隠ぺいに怒り、海洋投棄せずにタンク保管の継続を

10月1日(月)東京電力にトリチウム汚染水処理の隠ぺい問題で抗議の申し入れを行いました。 東京電力福島第一原発事故で敷地内のタンクにたまっている放射能汚染水の約8割に、環境中に出す場合の基準値を超える放射性物質が含まれていたことを東京電力は明ら…

神山県議一般質問

9月25日(火)から一般質問が始まりました。3番目に登壇した神山悦子団長は避難者住宅、原発廃炉対策、医療・介護、障がい者や難病患者支援、子育て、教育について質問しました。 内堀知事は国が解除時期も示していないのに、帰還困難者への仮設・借り上げ住…

9月23日、第23回国見町の義経まつりが開催

9-く、2-に、3-みとゴロが合う第23回、ダブル国見の義経まつりが青空の元、開会されました。

豆剣士の皆さん元気いっぱい―第59回青少年健全育成剣道大会

今年も伊達市伊達体育館で第59回青少年健全育成剣道大会が開かれました。豆剣士の皆さんが練習の成果を発揮しようと大会に臨んでいる姿がりりしく目に映りました。父母の皆さんや「孫が初めての大会で応援に来た」というおばあちゃんなどが応援に駆けつけて…

大橋さおりさんと訪問、「苦労に感謝」―樋口光雄元保原町町長の激励のことば

大橋さおり伊達市・伊達郡県議補欠選挙の予定候補と元保原町町長樋口光雄氏を訪問し、懇談しました。「若い人の頑張りに大いに期待したい」「さおりさん大いに苦労して、頑張ってください。何事も学ぶことが大事。苦労に感謝ですね」「地域の歴史にしっかり…

はじめてお目にかかりました。白い彼岸花

「赤旗新聞」を読んでいただきたいと訪問したお宅で白い彼岸花が庭に咲いていることを聴き、朝に訪問して写真に収めました。もう少し、早くに訪ねて、元気な姿を取りたかった!ちょっと訪ねるのが遅かった。と思いました。でも、珍しいですね!

福島県議会学習会

第4回県議会議員勉強会が開かれました。一般社団法人福島県銀行協会代表理事会長、株式会社東邦銀行取締役頭取、北村清士が「福島県の現状と東邦銀行の取り組み」「働き方改革と東邦銀行の取り組み」について話をしました。多様な働き方の支援として時間限定…

求めてきた県立高校エアコン設置、リース料、燃料代、県が負担と教育長答弁-吉田県議の代表質問

- 9月19日(水)吉田英策県議の代表質問でとりあげた県立学校のエアコン設置について「来年の夏から稼働できるよう、できるだけ早い予算計上に努める。」「保護者の負担により設置された県立高等学校のエアコンの燃料代は、設備のリース料と併せて県が負担す…

吉田県議の代表質問

9月19日(木)9月県議会代表質問が始まりました。今回は1番目が日本共産党の吉田英策県議です。2番目が自民党勅使河原県議です。 いわきから傍聴に見えた皆さんと写真におさまりました。県議補欠選予定候補者の大橋さおりさんも傍聴に来ました。

さおりさん若い力でがんばって、期待しているよ!県議会補欠選挙へ連休作戦で大奮闘

9月15日(土)~17日(月)までの3連休は県内各地からも応援をいただいて街頭宣伝、アンケート配布、ポスターの張りだしと10月8日(月)の演説会成功へと大奮闘しました。高橋千鶴子衆議院議員も駆けつけました。大橋さおりさんの若きチャレンジャーが政治を…

9月県議会が始まりました。内堀県政の4年間の復興の中身が問われます。

9月14日~10月3日まで、9月県議会が始まりました。内堀県政のこの4年間の原発事故からの復興の中身が問われます。 トリチウムを含んだ汚染水の海洋投棄の問題やモニタリングポスト(放射線監視装置)の撤去、帰還困難区域を含む仮設・借り上げ住宅の無償提供…

農家民宿、大満足、沖縄の皆さん

ボネールチャリテイコンサートに参加した沖縄の皆さんは、9月8日(土)の当日は 二本松市東和のゆうきの里、農家民宿3軒に分宿しました。それぞれの宿で家族の皆さんから歓迎を受け、地元の食材を使った、おいしい手作りの心づくしのお料理に大満足。私たち6…

感動をもらいました第16回ボネールチャリテイコンサート、

精神障がい者の通所施設「NPO法人ボネールのチャリテイコンサート」も第16回を重ねました。司会はメンバーさん3人とスタッフが担当し、全員初めてで、事前の練習も一生懸命やった成果が見られました。今年は沖縄から”童謡唱歌サークルそよ風”の皆さんが参加…

モニタリングポスト(放射線監視装置)の撤去説明会で反対の声噴出

原発事故から7年半になりました。放射線を測るモニタリングポストが学校や幼稚園・保育園、公園や市役所など県内2974台設置されていますが、原子力規制庁はその内約2400台を撤去する方針です。撤去方針の住民説明会が始まっています。 私は福島市の説明会に…

手をつなぐ親の会「きぼうの集い」、今年は霊山こどもの村で開催

9月1日(土)障がいを持つ子どもさんの親さんたちが子どもと一緒に交流を重ねてきた「きぼうの集い」が今年は霊山子どもの村で開かれました。10時から開会になり、参加者が2班に分かれて、トランスパレットに取り組みました。私も一緒に老が塗られたいろいろ…

暮らしと生業の復興へ各分野の切実な要望です―今年の日本共産党要望聴取会

9月3日(月)各会派の要望聴取会が開かれ、日本共産党県議団は5人そろって、各分野の要望 を伺いました。いずれも切実な要望です。県政に反映できるよう内容を深めて、取り組んでまいります。社会福祉協議会や難病団体連絡協議会・腎臓病協議会・聴覚障がい…