読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

せっかくの改善対応が新たなゴミをためることに――現地の状況をよく聞いてほしい!

f:id:abeyumiko:20151202105247j:plain

f:id:abeyumiko:20151202105413j:plain

 12月1日(火)愛宕堰水利組合の会長さん、森利夫さんと現場確認をしました。月舘町のバイパスが完成し、排水を愛宕堰に流さないで広瀬川に直接流すようにしてほしいとの住民の要望も実現したのでしたが、地元の皆さんから約束通りでないところがあるとのことで現地を案内してもらいました。また、排水の所につけられたパイプは出口が長すぎて、大きすぎることによってゴミがつまり、流れをせき止めてしまうことにつながると長すぎる分を切断してほしいとのことでした。工事の現場については地元の立ち会いもなく、知らないうちにこのようになってしまっているので、現地に確認をしながらやってもらえばこのようなことにはならないのではないかとの声でした。