読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

これでいいの?伊達市の除染

 1月21日(木)梁川町ふるさと会館で梁川町新年会が開かれました。飯館村から避難されている方のお話や陽光台団地の子どもたちの遊び場の除染問題などが話題になり懇談を行いました。特にCエリアの除染を行わない伊達市の対応が問題となりました。昨年9月に安斎育郎元教授らのチームが梁川町陽光台団地周辺の放射線測定と学習懇談会が行われた時のことが話題になりました。

 その時のまとめに次のように記されている。ー子どもたちの遊び場の放射線量が0.54の所もあった。いずれも環境省除染の必要の有無を判断するときの基準「0.23マイクロシーベルト/時」(原発事故由来の年間被ばくが1ミリシーベルトになるレベル)を超えているが除染はされていない。地域住民には除染を求める要望がある。ーー

 伊達市は子どもたちの遊び場の除染もなぜやらないのでしょう。せめて、子どもたちが遊ぶところは真っ先にやってほしい。安心子育てにつながります。市長選挙で市長は「Cエリアの除染をします」と大きく書いたチラシで公約したのですから公約を守るべきです。