読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

命を踏みにじられる国で声をあげ続けるということ第37回憲法を考える集い、雨宮処凛さんの話

 5月3日(火)憲法記念日のつどいは福島県文化センターで「命が踏みにじられる国で声をあげ続けること」をテーマに雨宮処凛さんの講演が行われました。関根弁護士との質疑対談方式で行われました。雨宮さんがフリター生活の中で何度もリストカットし、右翼に入って、戦争のことを学んで、「日本国憲法」を読んだ時の新鮮な思いなど自らの人生を語り、今、日本の中で大変な厳しい目に合っている人たちや貧困と向き合って活動していること、学びたくてもお金がなく、授業料が無料で手当てまでもらえる防衛大学に進学する人など貧困と戦争が表裏一体であることなど身近な方の話を語りました。映像で紹介された若い人たちがこの現実に強烈な批判の声をあげて、マイクで訴える姿は心にずっしりと響きました。〇憲法を暮らしに生かし、しっかり守っていきましょう!〇憲法の改悪をみんなで阻止しましょう!