読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

市民の協働、市民一人一人が自分らしく生きる、活力ある社会を――伊達市合併10周年記念式典

 6月5日(日)伊達市合併10周年記念式典がふるさと会館で開かれました。

 合併によって、全体に目が届かなくなってしまう。大きなことが必ずしも良いことではない。財政問題はどうなるのかなど、合併に反対の立場で学習会などを開いてきましたが、伊達9町から川俣町がぬけ、国見町桑折町が自立の町を選択し、残る5町保原町、伊達町、梁川町霊山町月舘町が合併し伊達市が誕生しました。東日本大震災などを経験し、自治体は目が届く規模があるということを実感させられました。しかし、合併して10周年です。それらをカバーしながら住みよい地域を作っていくための町づくりを考えていくことだろうと思います。伊達市市民憲章、伊達市歌が発表されました。

f:id:abeyumiko:20160607141411j:plain

 伊達市歌を作詞した和合亮一さんが市歌を朗読

f:id:abeyumiko:20160607141552j:plain

 伊達市民憲章を発表する伊達小学校の子ども達