読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

8月6日、広島、9日、長崎の原爆記念日、そして、8月15日の終戦記念日、平和を祈り、決意し、行動する8月、歴史に学び、憲法を守りましょう

 平和について突きつけられる8月、軍隊を捨てた国「コスタリカ」の元大統領ドン・ぺぺ・フィーゲーレスの妻カレンさんが語った言葉を紐解いてみました。「一番大切なことは命を大事にすることです。」「軍隊はあってはならないものです」人と人が武器を持って、戦い、人を殺し、殺される内戦の悲劇から、軍隊を捨て、平和を憲法に掲げたコスタリカ。「平和とは、いかに生きるかを考えられる状態であること。単に戦争がない状態ではありませ。平和の反対は飢餓、貧困、暴力、無知、残虐性などです。平和は努力して作っていくものです。」