読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

仮設焼却炉建設、住民の声を無視し、強行ー二本松市、東和地区

「夏無沼と東和の環境を考える会」の皆さんが、福島を調査に来られた日本共産党国会議員団に「仮設焼却炉建設の住民無視の強行を行わないよう」現状を説明し、要請を行いました。仮設焼却場の建設にあたって、山間過疎地の限られた狭い地域に作ることに反対の署名を昨年、7,500名集めて、市に提出し、「市長も建設断念」を表明していたのに、その場所からわずか1.2キロメートルしか離れていない場所に建設することが急ピッチで進められており、このような強権的なやり方に納得できないと住民の皆さんは訴えました。現在県内には除染廃棄物、農林業系廃棄物の仮設焼却施設は17カ所あります。

f:id:abeyumiko:20160823151151j:plain