読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

宮子・白寿の絵画展

 9月19日(月)高齢者施設のはなしのぶ1Fホールで「宮子・白寿の絵画展」が始まりました。ケアハウスにお世話になって10年ほどになります。福島市宮代の家に住んでいた時に、近所の北信公民館の北信美術会の絵画教室に通い始めました。

 1984年(昭和59年)第52回県美術展一般の部佳作に入選以来、描き続け、会友として出展を続け、1997年(平成9年)で県美術協会会員に推挙されました。会員として出展してきた力作も含め、「風景画」「孫シリーズ」「静物画」など29点が展示されました。みごとです。19日、敬老の日には息子や孫、ひ孫や施設の皆さんなど懐かしい皆さんに囲まれてオープン式を行いました。「本人も恥ずかしい」といいながら、孫の民子と大好きな歌「バラが咲いた」「ゴンドラの歌」「里の秋」を歌いました。私も覚えた「手まりつきうた」を一緒に謳いました。「一番初めは宇都宮、二また日光東照宮、三また佐倉の惣五郎、、、、」とても素敵な会になりました。

f:id:abeyumiko:20160919175559j:plain

f:id:abeyumiko:20160919175751j:plain