読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

オール沖縄の闘いに学び、連帯して安倍内閣の戦争への道ストップを!

 10月7日(金)第21回期の生業裁判が行われました。私は福島市テルサで開かれた集会に参加し、オール沖縄で初当選した77歳の衆議院議員一期生仲里利信さんの講演を聞きました。仲里さんは自民党の県議を4期務め、県議会議長も務めました。議長時代、第1次安倍政権の時に教科書検定問題が起き、南京大虐殺の有無も定かではないとか、「従軍慰安婦」問題をうやむやにする流れがあり、沖縄の集団自決もないことにされるのではと「親父も、青年学級の教え子が戦死した責任を感じて自決した」ことなど自らの戦争体験を告白し、反響を呼びました。当時41市町村の議会で検定意見の撤回を決議。教科書問題はオール沖縄の原点といわれます。戦争中、隠れていた宜野座のガマに、ある日、銃剣を持った3人の日本兵が来て、3歳の妹といとこの3歳の女の子を毒入りのおむすびで殺せと言われ、家族で相談して「死ぬときは一緒」とガマから出て、隠れる所もないなか、米兵から逃げるときに家族がバラバラになったことや戦後の苦しい時代を米軍の残飯で生き抜いたことなど語りつくせない体験です。戦場になった沖縄の人々の戦争体験のすさまじさと沖縄に基地がある限り、自民党から共産党までみんな心を一つにやるとの沖縄の心を同じ日本人としてしっかり、受け止めました。沖縄県が試算した米軍基地返還で経済効果が何倍にも大きくなっていることは興味ある試算でした。5日には翁長知事の政策側近の照屋義美さんの話も聞きました。原発事故で苦しんでいる福島も辺野古の米軍基地建設反対で頑張るオール沖縄に連帯して頑張ろうと決意を新たにしました。。

f:id:abeyumiko:20161011203545j:plain

f:id:abeyumiko:20161011203655j:plain