読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

国・東電の責任を明らかにし、住民に寄り添った施策を、「原発事故6年経過にあたって、緊急提言」(原発と人権ネットワーク)

 4月19日(水)第109回ふくしま復興支援フォーラムが開かれました。「原発事故6年を経過するにあたって、私たちの緊急提言」について、原発と人権ネットワークの海部幸造弁護士が話をしました。

 事故から6年を経過した今、政府と東電が、事故の責任を全面的に認め、史上最悪、最大の公害汚染であるとの認識に立って、ひとり一人の人生を守る立場で政策を見直し、抜本的な対応策を講じるよう求め、あるべき問題解決方向の基本的視点を緊急に提言は13項目に及ぶ総合的な内容です。

1.あらゆる政策について、行政区画による官僚的、画一的な対応を改め、実態に即した対応をすること。

2.帰還政策では、指定解除、住民機関と補償を結び付ける考え方を捨て、現実に被災者の生活が成り立ち、事故前と同様な生活が可能になるよう、生活補償を継続、拡充すること。など、国が避難指示解除や賠償打ち切り、住宅支援の打ち切りなど、福島切り捨てを次々と進めている中で、重要な提言だと思います。

f:id:abeyumiko:20170424205936j:plain