読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

たのもしい県労連の労働センターの活動ー福島労働局、除染情報プラザ:との話し合い

f:id:abeyumiko:20151208183236j:plain

f:id:abeyumiko:20151208172026j:plain

f:id:abeyumiko:20151208171734j:plain

 12月4日(金)福島県労働組合総連合の皆さんが福島労働局、環境省へ要望活動・意見交換をおこない、私も同席しました。除染労働者が何重もの下請け、多重構造の元で働かされ、特別手当がピンハネされて、労働者の手元に届いていないという問題や雇用の際に書面で明示されなければならない「雇用契約書」や「雇用通知書」はないのが当たり前のようになっていたり、賃金を払われずに解雇されてしまったり、驚くような無権利の状況に置かれています。困り果てて、労働相談センターに持ち込まれる相談はすでに400件を超えています。具体的な実情を明らかにしながら、その解決と改善のために奮闘してきた労働相談センターの活動の大切さと皆さんの奮闘に頭が下がりました。今回の話し合いによって、勞同局も環境省も今後、情報を共有しあって問題解決にあたっていきましょうとの合意ができたことは大きな前進であったと思います。