読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

原発ゼロへ、県民大集会に5700人

 3月18日(土)郡山市開成山陸上競技場で開かれた「原発ゼロへ県民大集会」は約5700人の参加で福島県民の原発ゼロを発信する集会となりました。県内の幅広い著名人が呼びかけ、ふくしま復興共同センターも加わる実行委員会主催で行われ、特別ゲストの香山リカ氏(精神科医)は「福島のことを全国、全世界の多くの人が応援し、関心を持っている。私たちも福島を事故のシンボルではなく、脱原発の第一歩だったといえるよう、これからも一緒に頑張っていきたい」と訴えました。

 浪江町の馬場有町長は被災自治体の首長として、6年間の避難生活や避難指示解除への思いを述べ、「福島原発事故の原因究明をしないまま再稼働が進んでいる。国、電力会社が言う「安全」は信用できない。第2原発廃炉を実現し、原発のない日本をめざそう」と訴えました。原発事故の被災地福島から声をあげ続けましょう。