あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

県民の切実な要望をもって、日本共産党地方議員団政府要望

 5月20日(月)日本共産党地方議員団が県民の切実な要望をもって政府交渉を行いました。秋に行われる県議会選挙の予定候補が勢ぞろいし、県内地方議員が参加しました。岩渕友参議院議員、紙智子参議院議員が同席しました。

 経済産業省世耕大臣あて10項目、原発事故から8年2か月を迎えた福島県民の願い、福島第二原発廃炉原発ゼロ」をはじめ、賠償問題、いわき市遠野の風力発電問題などを中心に要望しました。大橋さおり県議予定候補と私、遠藤宗弘町議は川俣町小綱木地区や伊達市月舘町、富成地区などのADRについて、地域が分断されたり、現地調査などを含めて、個々の実情を踏まえて出された和解案を受諾しないことは東電の賠償方針にも反するもので、速やかに受諾するよう国の責任と指導を求めました。

 文部科学省8項目、復興庁住宅無償提供継続、原子力規制委員会リアルタイム線量測定システムの継続、環境省ではPCB廃棄物の検査費用、処分費用の公的支援制度の創設や汚染土壌問題など、厚労省では医者や介護職員不足の解消など、防衛省にはオスプレイ問題など36項目を取り上げました。

 大橋さおり県議予定候補は桑折から提案されたイノシシの囲い込み対策を図面を示して要望しました。国土交通省では国道4号線国見町石母田地区のチェーン着脱所にトイレの設置を求めました。いづれも県民の切実な要望です。実現に向けて引き続き取り組みます。

 

f:id:abe-yumiko:20190521151027j:plain

f:id:abe-yumiko:20190521155412j:plain



f:id:abe-yumiko:20190521155247j:plain

f:id:abe-yumiko:20190521155531j:plain

f:id:abe-yumiko:20190521155554j:plain

f:id:abe-yumiko:20190521155701j:plain

f:id:abe-yumiko:20190521155729j:plain

 

国見町議会になくてはならない浅野とみお町議の6選を!国見町演説会開催

 伊達郡国見町では5月28日(火)告示、6月2日(日)投票で町議会選挙が行われます。平成の大合併の有無が問われた町長選挙で合併せずに、自立の町をめざした佐藤力日本共産党員町長が誕生するという劇的な選挙戦を戦い、「住民が主人公のまちづくり」を進めてきた町政を支え、町民の皆さんの声を届けて頑張ってきた日本共産党議席をなくすわけにいきません。熱い決意で頑張っている浅野とみお町議の6選を果たそうと奮闘しています。5月10日大木戸ふれあいセンターで日本共産党演説会が開かれました。大橋さおり県議予定候補、私、阿部裕美子県議、野口哲朗参議院福島選挙区予定候補、浅野とみお町議、岩渕友参議院議員が訴えました。

f:id:abe-yumiko:20190514100428j:plain

f:id:abe-yumiko:20190514100547j:plain

 

福島原発事故から8年2か月―共産党県議団が現地調査、廃炉へ課題山積

 5月9日(木)日本共産党福島県議団は第7回目の福島原発の現地調査を行いました。

 避難指示がまだ解除されていない浪江町津島地域の国道114号線を東に走り、6号線を南下して富岡町の「東京電力廃炉資料館」で東京電力の職員から説明を受け、バスに乗り換え、原発廃炉状況を視察しました。

  人が住まない地域は草に覆われ、家屋が荒れ果て、田んぼだったところが柳の木の林になっていて、事故の被害の深刻さが目に飛び込んできます。除染土壌を中間貯蔵施設に運ぶ10tトラックが列になって走っていました。今年400万㎥運び込む予定とのことなので、1日約2千台走ることになります。

 これまでは手袋や靴下を二重に重ね、防護マスクが付いた重装備でしたが、今回は簡易な作業服で見ることができました。放射能汚染水の処理、使用済み燃料の取り出し、核燃料デブリの取り出しなど事故収束に向けた課題は山積で、これから何年かかるかわからない原発事故の深刻さを改めて確認するものでした。排気塔の周りは外回りで最も放射染量が高く、数時間で人間が死に至る所で、がれきの撤去など遠隔操作で行われています。福島原発のこの現状を見れば、原発の再稼働などあり得ません。野党4党提案の原発ゼロ基本法案審議を求めていきましょう。

f:id:abe-yumiko:20190513164427j:plain

f:id:abe-yumiko:20190513164555j:plain

f:id:abe-yumiko:20190513164822j:plain

f:id:abe-yumiko:20190514104654j:plain

最初のころの視察は右端の装備でした

f:id:abe-yumiko:20190514104059j:plain

廃炉資料館で映像を見る

 

f:id:abe-yumiko:20190514104431j:plain

 最後に参加者全員で意見交換

 

 

第40回憲法を考えるつどい、知らなかった「日本の入管と移民、難民問題」

 5月3日、福島市民会館で第40回憲法を考える集いが開かれ、「日本の入管と、移民、難民問題ー入管制度に翻弄される子ども達」と題して織田旭さんが講演しました。

 日本における難民問題については知らなかったことばかりで、改めて、日本政府は先進国として難民問題に積極的な役割を果たしてほしいと強く思いました。

 特に最近では、シリアやアフガニスタンから命からがら逃れてくるひとや自国での差別や迫害から逃れてくるなど難民の数が世界中で5千万人を超えるといわれ、国際社会が一致して取り組む緊急の課題とされています。多くの難民が欧州諸国に押し寄せ、ドイツでは難民申請者の87%、イギリスでは91%以上認定し、受け入れています。しかし日本は難民認定が極端に少なく、2016年10901人の申請に対して認定が28人にとどまっているように世界平均が27%に対して日本はわずか0.2%に過ぎません。それだけではなく、長期収容と収容者の処遇の面でも問題が多く、病死や自殺者が出ていて、ハンガーストライキなどの抗議行動や入国管理政策の是正を求める署名が行われています。国連人権機関からも「人権侵害」と是正勧告が出ています。

 観光客からの金もうけよりも困っている人に手を差し伸べる国、憲法に掲げている基本的人権を尊重する国をすべてに貫ける国であってほしいと思う「憲法記念日」でした。

f:id:abeyumiko:20190507121000j:plain

 

8時間働けば普通に暮らせる社会を!第90回メーデー福島県中央集会

 1.晴れた5月の青空に うたごえたかくひびかせて すすむ吾らの先頭に なびくはあかい 組合旗、メーデーの歌を歌ってデモ行進をするのが毎年のメーデーでしたが、今年のメーデーは室内の会場で教育会館でした。各団体の1分間のステージはみごとなアイデアぞろい、ナンバー2位に選ばれた日本共産党県委員会のステージはなかなかでした。野口君のものまね、雰囲気出てました。

メーデースローガン>

 働く者の団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう!

<メインスローガン>

(1)消費税10%増税は中止に!「8時間働けば普通に暮らせる社会」をつくろう!

(2)憲法9条改悪、辺野古新基地建設をやめさせよう!

(3)原発ゼロ、再生可能エネルギーへの転換を実現しよう!

f:id:abeyumiko:20190507120337j:plain

f:id:abeyumiko:20190507120630j:plain

f:id:abeyumiko:20190507120756j:plain