あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

大橋さおりさんを囲むだて女性のつどい、大企業のためなら何でもござれの安倍政権、皆の力で変えようじゃござんせんか!

 ”東西、東西、御覧に入れまするはー大橋さおりとあべ裕美子をささえるだて

女性の会の一座でござんすー、こんなご時世、黙ってはおれませぬー、おのおのの口上、聞いてやっておくんなせー”

 さあてー初っぱなにひけえしはー ○○の○○たあーあっしのことよー

 原発事故から8年目、東電さん、ようやく第二原発廃炉の検討を言ったけど柏崎刈羽原発再稼働じゃ、安心できやしねー、放射能測るモニタリング撤去は許せねー、国も東電も廃炉になるまで責任取っておくんなせー。もう原発はこりごりだー、こりごりだー

 さあてー、お次にひけえしはー○○町の○○たあーあっしのことよー

 この世の中せちがらくなったじゃありませんかー、財布のひもはきつく締めねと暮らしていけねー。わずかな年金から医者代に介護保険料、出ていく負担は増えるばかり、その上消費税の増税でどうやって暮らせというのでがんす。さあて―皆の衆、一票で変える世直しじゃー 

 さあてーどん尻にひけえしはー、あべの裕美ちゃんたーあっしのことでござんす。あべはあべでもいたって正直者でござんすー。今の政治にゃがまんがならぬー。あってはならぬ公文書改ざん、データーねつ造、セクハラにカジノ法案、過労死を増やす働き方改革、大企業のためなら何でもござれの安倍政権、変えようじゃござんせんか。

 まずは10月、大橋さおりちゃん押し上げて、だてのおなごの心意気、見せてやろうじゃあござんせんかあー。

 

 7月14日(土)大橋さおりさんを囲むだて女性の集いが開かれました。これまでの「あべ裕美子さんを支えるだて女性の会」から「大橋さおりとあべ裕美子を支えるだて女性の会」と名称を改めて、会長と事務局体制、各町の世話人で役員体制を構成し、会を運営していくことが報告されました。

 大橋さおりさんは生い立ちや民主青年同盟や日本共産党との出会い、日本共産党県議団の事務局や民生県委員長として活動してきた中で、住民の皆さんの声にこたえて頑張る日本共産党県議団の役割の重要さを理解したことや伊達市伊達郡の県議会議席を引き継ぐ決意などを語りました。さおりさんの芯の強い人柄と政治革新に挑むまっすぐな気持ちを大きく育て、10月の県議会補欠選挙で勝利しようと決意の場になりました。

 若者や子育てのお母さん、あんぽ柿農家の皆さんからの激励や決意、そして、”東西、東西、御覧に入れまするはー、だての白波五人おなごの登場です。”

 さあてー、しょっぱなにひけえしはー、お次にひけえしはー、次々と口上が述べられます。皆々様よ、今の政治にゃがまんがならぬー、皆の一票の力で変えようじゃござんせんかー

西日本豪雨災害、ご冥福をお祈りし、お見舞いを申し上げます。広瀬川改修事業促進期成同盟会総会

 7月12日(木)伊達市役所を会場に広瀬川改修事業促進期成同盟会総会が開かれました。西日本豪雨で200人を超す死者が出るという大惨事となっている中で開かれた総会です。心からご冥福をお祈りします。被災をされた皆様にお見舞いを申し上げます。これらを教訓として防災対策に当たらなければならないと思います。命を守る対策をしなければならないと思います。

f:id:abe-yumiko:20180717160733j:plain

若い人たちのフレッシュな演技が新鮮―忘れてはならないことを記録する大切さ身に沁みました

 6月28日(木)青年劇場の「あの夏の絵」を見ました。久しぶりの演劇鑑賞でとても新鮮でした。記憶を伝え残すために語り始めた被爆者とそれを受け止め、絵に表現することに挑んだ高校生たちの2015年の物語でした。日程を撮るのが難しかったのですが、席が空いているようなので都合をつけて見てよかった。さわやかな思いです。

f:id:abeyumiko:20180713124912j:plain

f:id:abeyumiko:20180713124957j:plain

かねこ恵美衆議院議員を囲む会に大橋さおりさんと出席

 7月8日(日)保原市民センターで「かねこ恵実を囲む会」が開かれ、大橋さおりさん(福島県補欠選挙予定候補)と一緒に参加しました。かねこさんがかかわってきたルワンダの教育を考える会でコーヒーを担当していたルワンダの女性がさおりさんの短大の時の同級生で話が盛り上がりました。

 オープニングで披露されたかねこ恵美さんの障がいを抱えた妹さん、金子美智さんが作詞、佐藤香さんが作曲した歌「都会」「大切な人」が紹介されました。素敵な歌でした。

 私も挨拶をさせていただきました。

 昨年の衆議院選挙では多くの市民のみなさんと野党が共闘して統一候補としてかねこ恵実さんを応援し、当選に押し上げることができました。一致できることで力を合わせることが益々大切になっています。あってはならないことがまかり通るような政治はたださなければなりません。一緒に力を合わせていきましょう。

f:id:abe-yumiko:20180709115834j:plain

f:id:abe-yumiko:20180709120024j:plain

 「砂山の砂に、、、」87歳とは思えない声量、相馬先生のアカペラの歌にブラボー

f:id:abe-yumiko:20180709130537j:plain

命を生み出す母親は命を守り育てることを望みます。第61回福島県母親大会が郡山市で開会。

 7月7日(土)第61回福島県母親大会、第32回郡山市母親大会が開かれました。

 全体会のオープニングは郡山市の「やまびこ太鼓」でしたが、知的障害を持つ子どもさんたちとお母さんたち総勢20人を超えるばちさばきは見事なものでした。それぞれの姿から障害をものともしない一生懸命さが伝わってきて、素晴らしい演奏でした。

 元福大学長今野順夫さんの記念講演「憲法が生きる社会づくり」からも沢山学びました。日本の憲法アメリカに作ってもらったものだから日本にふさわしいように変えなければならないという方がいますが、映画「日本の青空」にも描かれているように日本人がしっかりかかわってきた憲法であることもよくわかりました。

 福島県が誇る三人の鈴木さんの話が印象に残りました。①鈴木安蔵さん(小高町出身、憲法研究会で憲法草案を提案)②鈴木義男さん(白河市出身、憲法25条第1項を憲法に入れた立役者)③鈴木節子さん(岩城女子高卒、住友セメントから結婚退職、解雇を迫られて裁判に訴え違憲判決を得た。これを契機に結婚退職が少なくなった。)

 日本国憲法の持つ平和、民主主義、人権など暮らしに活かす大切さを学びました。

今野さんが女性議員がまだまだ少ない、皆さんはどうして立候補しないのですか?の問いかけも印象に残りました。

f:id:abe-yumiko:20180709113343j:plain

f:id:abe-yumiko:20180709113630j:plain