あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

成人おめでとう!夢や希望をもって生きられる新しい社会をご一緒に作りましょう

 1月13日(日)伊達市保原町、伊達町の成人式に出席し、新成人をお祝いしました。東日本大震災の時に小学校6年生であった皆さんが新成人となりました。全国で125万人、福島県では2万89人です。

 私たちの成人の時は同時に選挙権を持つ有権者になることでしたが、今は18歳からの選挙権となりました。世界189か国のうち170か国が18歳以上の選挙権となっています。どんな社会をつくっていくのか、一人一人が主権者として、しっかり考えることが問われていると思います。お金の心配なく学べる社会、8時間働けば普通に暮らせる社会、何よりも平和な社会を若い力で築いていきましょう。

 成人式では「国歌斉唱」があります。私にとってはとてもつらい時間です。来賓の皆さんと一緒に起立はしますが、「君が代」の歌の意味を考えると、とても歌うことはできません。前日福島フォーラムで見た「沖縄スパイ戦史」の映画が浮かんできます。沖縄の少年たちが日の丸=天皇制の下でゲリラ兵として組織された「護郷隊」の悲惨な事実が戦後70年を経て明らかにされました。若い人たちの未来は絶対に戦争する国にさせてはならない、平和な社会であってこそ希望も夢も持てることを強く思った日でした。

f:id:abeyumiko:20190114232623j:plain

f:id:abeyumiko:20190114232716j:plain

f:id:abeyumiko:20190114232823j:plain

 

平成31年伊達市消防団出初式、雪がちらつく寒さの中

 1月6日(日)保原町陣屋通りで伊達市消防団出初式が行われました。白いものがちらちらと舞う寒い日となりましたが、消防職員、消防団の皆さんが勢ぞろいして、行進を行いました。外での式終了後体育館内に会場を移動して、式典を行いました。