読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべ裕美子のかけ歩き

日本共産党・あべ裕美子福島県議の活動報告です

伊達市保原プール落成式、放射能に苦しんだ子ども達、水に親しむ場ができました

 4月27日は(木)伊達市保原プールの落成式が行われました。原発事故後、福島県の子供たちは外で元気に遊ぶことができなくなり、運動能力の低下も心配されました。その後、徐々に改善されてきましたが、依然として外遊びを控える傾向がある中で復興加速化基金を使ってのプールの完成は1年間を通して活用できるもので、大変喜ばれています。子どもたちのアトラクションに35名の園児たちが参加して、プールの中で演技を披露しました。中には座り込む子どももいて、一斉に指示に従える子やそうはいかない子など人間様々な姿を見て、目を細めました。25mプール6レーンプラス1レーン、建築工事費(電気設備、機械設備含む)8億8743万6千円です。

f:id:abeyumiko:20170504151856j:plain

f:id:abeyumiko:20170504151946j:plain